Sunshine&Moonlight

ブログトップ

映画 チョコレート

映画「チョコレート」
   監督 マーク・フォースター
   出演 ビリー・ボブ・ソーントン
       ハリー・ベリー
                       ピーター・ボイル


[story] 11年間服役していた死刑囚の夫がいよいよ刑に処され、ほどなくたったひとりの息子も不慮の事故で失ってしまったレティシア。一方、レティシアの夫の最期に立ち合った看守のハンクは、いがみ合っていた息子に目の前で自殺され、看守の仕事を辞職した。そんな絶望的な状態で出会ったふたり。黒人差別主義者のハンクと、黒人女性レティシア。結ばれるはずのないふたりが共に息子を失った喪失感を重ね合い、感じ合い、互いの愛を貪り合う。そうして生まれた愛なのに、ハンクの父親から放たれた侮辱の言葉でレティシアは傷つき、一時はハンクを避けるのだが、
家賃滞納で部屋を追い出されたレティシアは彼の家に身を寄せることになり、再び彼の愛を感じ直したその夜、
実はハンクは夫と面識があったことを知った彼女は呆然とする。
そこへハンクが現れて・・・。

チョコレート・・・
これはレティシアの息子が止められてるチョコバーを貪るのと
愛に飢えているハンクが毎晩食べるチョコアイスから
そして、黒人の肌の色を表している邦題らしい。
原題は「Monster's ball」 これは死刑執行前夜、死刑囚のために行われる弔いパーティのこと。
原題と邦題。
なんでこんな邦題?と思うこともあるけれど
これは 邦題のほうがしっくりくる感じがする。
ラストシーンで やっぱり裏庭でチョコアイスを食べるハンクに
無言で付き合うレティシア。
いろんな葛藤があっても そこを離れなかったレティシアと
それを受け入れるハンク。
穏やかなラストが印象的な映画でした。
[PR]
# by rosarose | 2005-03-10 00:47 | CiNeMa

今日の音楽

今日のランチは テイクアウトのカレーとオムライス。
12時に間に合うように高速を飛ばす。
お天気は晴れ!
雪の白さと空の青さと遠くに見える稜線が綺麗なコントラストをなしていて
とっても気持ちよい風景が流れていく。

本日のドライブのBGMは
『Classic Meets Cuba』  by The Klazz Brothers
このアルバムはクラシックの有名な曲を
キューバン・ジャズ風にアレンジして演奏した作品集。
どこかで聞いたあのクラシックの名曲が
おしゃれでノリノリな曲に生まれ変わっている。
とても 楽しめる一枚です。
アルバム中には バッハの「G線上のアリア」をアレンジした曲もあって
これは 映画「コラテラル」中でも摩天楼を静かに走るシーンに使われていて印象的でした。
クラシックがラテンのリズムとビートで踊りだしたくなるような曲もあるので
ドライブ中に聞くときはスピードの出しすぎに注意!かな?
[PR]
# by rosarose | 2005-01-21 17:17 | diary

映画 「東京タワー」

恋は落ちるもの・・・
そう!確かに恋にはおちてしまう。
偶然なのかもしれないし、もしかしたら必然なのかもしれないけれど
なぜか出会って そしていつのまにか 恋には どっぷり落ちている。
今回の映画は ふたりで観るのは少し怖かった
でも やっぱり ふたりで観たくて ふたりで前売り券を買った。
行く前に 映画館には私たちのような歳の差カップルがたくさん来てたりして~なんて
冗談を言ってたんだけど
実際は 若いカップルが多かった。
全体的に若い人達が多かったみたい。
岡田 准一 や松本 潤 目当てで来てる人もいるのかな?

映画が始まると 私は(・・カレもかな?) 江國ワールドにハマっていた。
この映画には  江國 香織らしいステキな台詞がいっぱい出てくる。
現実には ちょっと言えないけど 心の中では 思ってた。。なんて台詞を
詩史役の黒木瞳が言う。
そして 透役の 岡田 准一 もとってもピュアでまっすぐ。
恋には 年齢なんて関係ないよ!と信じられる映画でした。
劇中に流れる ノラ・ジョーンズの歌もステキ♪
ラストのパリのシーンは原作にはないらしいけれど
愛の決断を選んで パリに飛ぶ詩史。
あの最後の台詞「たとえあなたの心が明日離れても
私はあなたを愛している」
このラストが私の心に強く響いて涙がとまらなかった。

監督 : 源孝志

原作 : 江國香織

出演 : 黒木瞳
岡田准一
松本潤
寺島しのぶ
[PR]
# by rosarose | 2005-01-17 23:38 | CiNeMa

本日のランチ

本日のランチは
「えびとわたりがにのソースパスタ」
「たらことしめじのパスタ」
パスタセットだったので それに前菜+パン+ドリンク+デザートがつきました。

たらことしめじは 想像どおり和風であっさりめ。
唐辛子?と思われるような辛味スパイスはお好みで。
えびとわたりがにのほうは
かにのソースがこくがあって美味しかった♪
デザートは プリンをチョイス。
これは 家庭の手作りプリンそのもので 懐かしい感じがした。
私が自分で作るプリンと同じ。
最近色々と試食して歩いたケーキ屋さんの手のこんだ 
クリームブリュレふうのプリンももちろんとっても美味しいけれど・・・
私は こっちの家庭的プリンのほうが実は好きなのかも(*^^*)

クリスマス時期から年末にかけて
なんだか心が安定してない時があって ブログもお休みしていました。
小さな種で ケンカして ずたずたになるまでケンカして
でもやっぱり また仲直りして何事もなかったように・・・の繰り返し。
こんなんでいいのかな?って思うけど
このままで いいのかもしれない 悪いのかもしれない。
結論なんて出るんだろうか?
悩んだり迷ったりしながら 明日はもっと成長してるのかな?
[PR]
# by rosarose | 2005-01-08 16:47 | diary

Holy Hold Me

もうすぐクリスマス♪
街で流れるマライヤやワム!も 
そろそろ耳に飽きてきた頃かな?
ということで 今夜はMsiaの新譜を聴きながら。

今回のアルバムは
「日本を代表する7名のアーティストたちの書き下ろし楽曲をMISIAが歌う、
夢のコンセプト・アルバム」


ジャンルを超えたミュージシャンとのコラボレーションが
楽しみなアルバムです。

私の一番のお気に入りは 
「Holy Hold Me」(MISIA×TOSHINOBU KUBOTA)

クリスマスの夜に しっとり聴きたい曲という感じかな~。


  今何を願うの?


  街中のトワイライト 消え残る光が

  忘れかけた愛を そっと呼び覚ます

  誰を今想うの?この星の中で


  きっと君がくれた喜びは
  光を増し その胸に戻る この夜


この時期オススメのラブソング♪

ロマンチックなキャンドルライトの元で聴いたら
もう~ムードも盛り上がって最高なんだろうな。

今度は お風呂&アロマキャンドル&Holy Hold Me♪

なんて どうでしょ♡
[PR]
# by rosarose | 2004-12-21 02:19 | diary

映画 僕の彼女を紹介します

a0008856_1392949.jpg
あの猟奇的な彼女のクァク・ジェヨン監督とチョン・ジヒョンがふたたび感動のコリアンムービーを私たちにプレゼントしてくれました。
今年は なんだかファンタジーな恋愛映画ブーム?
この「僕カノ」も恋人の死は 凄く悲しいけれど それをファンタジーのベールに包んでくれているという感じ。
私は やっぱりコリアンラブストーリーは好きだなぁ。
ハチャメチャな出会いをしてお決まりの恋に落ちたり、
一昔前のコメディみたいなところもあるけど
でも それがなんか新鮮だったりする。
根底に流れるのが ピュアな愛だからかな~?
そして そして ラストが・・・
あらあら そういうふうになってたの!?という感じで意外性がおもしろかった。

この映画は やっぱり「猟奇的な彼女」を観てから行くのがオススメです。


そうそう、XJAPANの『Tears』が流れたのも 意外だったなぁ。

story
一見うら若い乙女、ギョンジン(チョン・ジヒョン)は、仕事に燃える熱血警察官。誤認逮捕が元で知り合った高校教師ミョンウ(チャン・ヒョク)と恋に落ちた。無鉄砲なギョンジンをハラハラしながら見守るミョンウは、何があっても彼女を守ると心に誓う。ある夏、車で旅行に出た2人は落石事故に遭い、川に落ちたミョンウが意識を失ってしまう。ギョンジンの必死の処置で一命を取りとめたミョンウは彼女への気持ちを一層強くするが、そんな2人に過酷な運命が待ち受けていた・・・。

・キャスト   チョン・ジヒョン     チャン・ヒョク
・監督     クァク・ジェヨン
[PR]
# by rosarose | 2004-12-15 01:39 | CiNeMa

コスプレ~♪

もうすぐ クリスマス♪
街には ジングルベルも流れ出し 街のあちこちで
クリスマスイルミネーションが輝き出している。
一年で 一番 なんだかワクワクする季節。
私の所にもサンタさん来ないかな~。。。なんて今でも夢見ちゃう。
でも!
現実は サンタクロースはおとぎの世界の話しだし
おっきなプレゼントを抱えてきてくれる奇特な人も居ないし・・

で。
せめて 気分だけでもサンタクロース(*^-゚)vィェィ♪
こんな衣装を用意してみました。

これって いつかは 活躍できるのかな?a0008856_2342239.jpg
[PR]
# by rosarose | 2004-12-12 23:46 | diary

私の2005年は?

星占いはけっこう好き!の私が雑誌VERYにこんな記事を見つけた。

『2005年開運スペシャル』 
かに座第1デーク(6/22~30)の2005年の運勢は・・・

◇全体運◇
カンも良く、頭も良い第1デークの蟹座。
2005年は、なかなかのチャンスあり。しかし、簡単にそれに乗らず
持ち前のカンでそのチャンスを慎重に判断して。
不動産など特に注意すると良いでしょう。
◇金運◇
可もなく不可もなくというところ。
ただし、人にお金を貸したりしてはいけません。肉親でも。
◇健康運◇
交通事故とか、転んだりとかスポーツでのケガに注意しましょう。
物事を急ぐ時に起こりますので、ゆっくりと注意して行動して。

かに座全体としては・・・
勉強に励んでさらに飛躍の年。
人間関係は見直して。

◇開運アドバイス◇
情報収集、美的なもの。芸術的な事とか。

こんなん出ましたけど?・・・
[PR]
# by rosarose | 2004-12-12 23:35 | diary

《海猫》

昨日は 友達のukちゃんと映画 海猫 を観てきました。
周りの人の感想やブログの感想などの前情報で
期待度大!!!だったんだけど・・・

私の感想は・・・
まず、ちょっと物足りなかったかなぁ~って思った。
薫が邦一から心が離れていく様子や 広次に惹かれていく心理描写みたいなのが
もっとあっても良かった気がする。。
それは観客の想像性に任せるって手法なのかな~?
伊藤美咲は綺麗で線が細くて最終的に病弱になっていくにはピッタリだったけど
演技に違和感「??」感じたのは私だけかな~。。
好きなシーンは 薫と広次とが一夜だけ愛し合う夜のシーン。
エロチックだった~♪
愛がある優しいSEXはやっぱりa0008856_1744879.jpg最高です
Story

 1980年代の函館。ロシア人の父を持つ野田薫(伊東美咲)は、透けるような白い肌と青い瞳から、周囲の冷たい視線に晒されていた。そんな薫を、峠を越えた村の漁師、赤木邦一(佐藤浩市)は逞しく温かい愛で包み、薫を妻に迎える。慣れない漁に取り組みながら、長女を産んだ薫。しかし、その頃から邦一との関係は微妙に崩れはじめた。孤独に耐える薫を結婚当初から見つめていたのが、邦一の弟、広次(仲村トオル)だった。やがて、薫の中で広次の存在が大きくなっていく…。


監督:森田芳光
出演:伊東美咲、佐藤浩市、仲村トオル、三田佳子
[PR]
# by rosarose | 2004-11-26 17:45 | CiNeMa

はじめまして

はじめまして
[PR]
# by rosarose | 2004-03-24 01:58 | diary